子育てしながら勉強中!『離乳食』と『介護食』

S__9068570

 

 

朝夕はめっきり涼しく、過ごしやすくなりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

 

 

私は、産後にデビューした秋の花粉症が辛いですが、好きな季節なので毎日ウキウキです

 

 

 

 

先日は、Tender space入学式で4期生の皆さんにお会いしました

 


初日の皆さんの緊張した表情を見ると自分が2期生として、受講した時の事を思い出しました

 


私が一年間、2ヶ月に1度のTender spaceの日を今日もみんなに久々に会える♪

 

 

今日の授業は、どんな内容かな〜♪と、楽しみに通っていたように…皆さんも楽しんで1年間を過ごしてもらえたら…と思います

 

 

 

 

 

私は、子育てに忙しい毎日を過ごしていますが、勉強している事があります。
大した事ではないですが…


息子が離乳食を開始した時、

 

 

どうしたら食べやすいか?

 

 

どうしたら飲み込みやすいか?

 

 

毎回、考えて作り始めました。

 

 

 


そんな時、祖母の体重が落ち、食事量もかなり減りました。

 


祖母に何か食べたい物はある?と聞くと

 

 

「何にも食べたい物はない」と言われ、ショックを受けました。

 

 


人間最後まで残る欲は、食欲と聞いた事があります。それなのに、祖母は食べる事への興味がなくなっていたのです。

 

 

息子へ離乳食を作る時に考える思いを祖母にも持ち、食事を少しでも楽しく美味しく食べてもらいたいと思いました。

 

 

詳しく話を聞くとむせる・飲み込みにくい…などの理由が。こんなに近くの存在の人が困っているのに、私は今まで何をしていたのだろう…と思い、息子の離乳食と平行して介護食も勉強しています。

 

 

 


歯肉マッサージやお口の体操・食事を食べやすくする為の工夫…できる範囲で少しお手伝いをしています。

 

 

歯がないのは同じでも0歳児と86歳では、お口の環境は大きく違います。

 

 

歯科医院でも祖母と同じような悩みをもった患者様が来院された時に以前よりもいいアドバイスができるよう子供と祖母に日々、勉強させてもらっています。

 

 

 

 

 

ちなみに、息子の歯肉は毎日触っているので、乳歯が頭を出したらすぐに気がつきます♬

 


母子手帳には、萌出した日を何月何日まですべて記入しています。(笑)

 

 

上の子の時も生後2ヶ月ぐらいから歯肉を触っていたので、母親に何かお口に入れられるという事に抵抗が無くなるのか⁈

 

 

歯磨きは、全く嫌がらずされてくれました。

 

 

もし、近くに赤ちゃんがいる方がいればぜひ、教えてあげてください!

 


赤ちゃんの歯肉気持ちいいですよ(笑)

 

 

 

 

 

今は、身近な事を勉強中。

 

これからもいくつになっても勉強を続けていきたいです!

 

 

 

今期のTender spaceの講義もすごく楽しみです